• SHARE

cast & staffキャスト&スタッフプロフィール

市原隼人 武市半平太役

武市半平太 市原隼人 HAYATO ICHIHARA cast

1987年、神奈川県出身。『リリイ・シュシュのすべて』主演でデビュー後、数多くの作品に出演。近年では映画『無限の住人』『ブルーハーツが聴こえる 人にやさしく』『RANMARU 神の舌を持つ男』、ドラマ『リバース』『君に捧げるエンブレム』『沈黙法廷』などがある。2017年NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』では、傑山役を好演。
http://official.stardust.co.jp/hayato/

忍成修吾 楢崎梅太郎(坂本竜馬)役

楢崎梅太郎
(坂本竜馬)
忍成修吾 SHUGO OSHINARI cast

1981年、千葉県出身。テレビドラマ『天国に一番近い男』で俳優デビュー。岩井俊二監督の映画『リリイ・シュシュのすべて』への出演で注目を集める。TV・映画・舞台と幅広く活躍。近年の出演作に『ヘヴンズストーリー』(10)、『さよなら歌舞伎町』(15)、主演作『ひかりをあててしぼる』(16)などがある。待機作として映画『不能犯』『最低』、ドラマNHK『マチ工場のオンナ』、舞台『管理人』(演出:森新太郎)などが控えている。

奥菜恵 武市冨役

武市冨 奥菜恵 MEGUMI OKINA cast

1979年、広島県出身。13歳でTVドラマ『パ★テ★オ』(CX)で芸能界デビュー。『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(ドラマ/93)で注目を浴び、その後もTV・映画・舞台と女優として広く活躍。近年の出演映画には『シャッター Shutter』(08)『罪とか罰とか』(09)『ジェリー・フィッシュ』(13)などがある。

押田岳 佐伯寅之助役

佐伯寅之助 押田岳 GAKU OSHIDA cast

1997年、神奈川県出身。第29回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリ受賞。FODオリジナルドラマ『ぼくは麻理のなか』でドラマ初出演を果たす。本作が映画初出演作となる。

武イリヤ サチコ役

サチコ 武イリヤ IRIYA TAKE cast

2001年、千葉県出身。日本テレビ系列の海外ドラマ『ハロハロ・ハウス』でドラマ初出演を果たし、モデル・女優として活躍中。映画は本作が初出演作となる。

橋爪功 佐伯役

佐伯 橋爪功 ISAO HASHIZUME cast

1941年、大阪府出身。芥川比呂志演出の舞台『スカパンの悪だくみ』(1974)の出演をきっかけに演劇界で注目される。以降、ドラマ・映画・舞台と数多くの作品に出演する日本の名優。第13回日本アカデミー賞助演男優賞を皮切りに、第20回日本アカデミー賞では、映画『お日柄もよくご愁傷さま』で主演男優賞を受賞。その後も数々の賞を受賞している。近年の出演映画には、『母と暮らせば』(15)『家族はつらいよ』(16)『三度目の殺人』(17)などがある。

脚本・監督 渡辺一志

監督・脚本 渡辺一志 KAZUSHI WATANABE staff

1976年、愛知県出身。弱冠23歳にして『19』(GAGA配給)で脚本・監督・主演。海外映画祭で高い評価を得て、サラエボ国際映画祭では映画通で知られるアニエスb.氏の激賞を受け、新人監督特別賞を受賞。その後、アニエスb.のサポートにより、ヨーロッパ、アジア諸国で『19』は公開される。続く『キャプテントキオ』(主演/ウエンツ瑛士)『新選組オブ・ザ・デッド』(主演/日村勇紀 バナナマン)と、常に独自の世界観でオリジナル作品を作り上げる。なお、『新選組オブ・ザ・デッド』は劇画界の巨匠、叶精作氏によりコミック化(時代劇専門誌コミック乱ツインズ連載 リイド社刊)される。
俳優としても三池崇史や、林海象の作品に出演する。

原作 渡辺一志

原作 黒江S介
「サムライせんせい」
(リブレ刊)
ESUSUKE CROE staff

物語は、歴史の教科書でお馴染みの幕末を生きた高知出身の志士・武市半平太がタイムスリップした現代日本で学習塾を手伝うことで繰り広げられる、コミカルなストーリー。2015年にはテレビ朝日系にてドラマ化もされた。
実在の人物・武市半平太は、優れた剣術家でありながら、黒船来航以降の時勢の動揺を受けて攘夷と挙藩勤王を掲げる土佐勤王党を結成。同じ時代を生きた土佐藩の坂本龍馬とは遠縁にあたる。
歴史上の実在人物が現代にタイムスリップするという奇想天外なストーリーで、広く人気を博している。現在、最新巻にあたる第四巻「サムライせんせい四」がクロフネコミックスにて好評発売中。

主題歌 北山淳貴

主題歌「約束」 北山淳貴
KITAYAMA ATSUKI music

「約束」
歌:北山淳貴
作詞作曲:安岡孝章 編曲:安岡孝章&西込加久見
演奏:アイリーン・フォーリーン・Next

11月18日リリース決定 カップリング曲「ゆりかご」

北山淳貴「きたやま あつき」

平成10年4月15日生 高知県高知市出身
サスガ・ミュージック所属

幼少期から祖母より民謡を習う。
15歳から数々のプロアーティストのサポートを務める。
その声は、ジャパンテイストに溢れ、今後ワールドワイドな展開にも期待。

音楽プロデューサー 安岡孝章

音楽プロデューサー 安岡孝章
YASUOKA TAKAAKI music producer

高知市生まれ

バンド 「アイリーン・フォーリーン」のヴォーカリスト。
1985年 TBSドラマ「85年型家族合わせ」の主題歌<スローなDanceは踊れない>でメジャーデビュー。
アルバム5枚をリリース。
その後、ソロとして活動。
中森明菜等、数々のアーティストに楽曲提供。
ミュージカル音楽、CM音楽制作、作詞作曲、アレンジャー、プロデューサーとして活動中。
5年前、高知市にサスガ・ミュージック・クラブを開設。アーティスト育成に力を注いでいる。

テーマ曲 いちむじん

テーマ曲「SAMURAI」 いちむじん ICHIMUJIN music

いちむじん(土佐弁で一生懸命という意味)ギターデュオとして2004年に結成2006年メジャーデビュー。 数々のCM、ドラマ、映画、アニメ作品などに参加。その中でも2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」エンディング曲を担当し飛躍的に活動の幅を広げる。 2011年より海外公演開始。
今までメキシコ、ニューヨーク、ロサンゼルス、ボルチモア、ボストン、ブラジル、台湾で高い評価を得る。近年では演歌歌手、市川由紀乃に楽曲を提供をし、演歌とのコラボレーションで新たな一面を魅せている。
2016年に新メンバーを発表。各分野のスペシャリストが参加し、オリジナル曲を中心にクラシック、スパニッシュ、ラテン、ジャズ、ファンク、演歌、民族音楽など、、ジャンルという概念を捨ていちむじんという音楽をこれからも追求し続けていく。

このページの上へPAGE TOP